猪狩蒼弥に恋をした

HiHi Jets について思いついたままに

 

 夜の間、開けっ放しになっていたせいで冷え切った物干し部屋に、遠くの電車の音が聞こえて、都会の朝を思った。

 空も線路も繋がっている。

 彼らの住む街でも同じ朝が始まってるんだなぁ。

 そんな想像だけで幸せ*****

 

 

 昨日は久しぶりにちょっとだけローラーをした。ほんとにちょっとだけ。あっと言う間に奪われる自由時間。

 雪が降るころには、空調の効かないこの場所は寒くてやる気でないだろうなぁ^_^;

 傍から見れば「何を目指してますか?」案件だろうけど、 “自分を楽しませてあげる” ただそれだけ。

 自分が一番可愛い。二番目が“猪狩蒼弥”。

 

 

 

 昨日、今日と耳が敏感に働いている。

 人の声、雑音、全てがわずらわしい。。。。。